このひと手間でプロの味! 差がつく下ごしらえのコツ

 

だしの取り方をおさらい

157144291


料理の基本中の基本、だし。みなさんは、きちんとだしを引くことができますか?時間がない、面倒、などの理由で粉末だしやだしパックを使うことが多いかもしれませんが、一度丁寧に引いただしを料理に使ってみると、その違いは歴然です。ぜひ覚えておきましょう。<カツオと昆布の合わせだし>1,水1リットルあたり20gの昆布を鍋に入れて、一晩漬けて戻す2,1を火にかけ、60度で1時間煮出す3,昆布を取り出して、再加熱。85度になったらカツオ節を加え、火を消す。カツオ節が沈んだら、濾して、一番だしの出来上がり。※一番だしに塩としょうゆを少々加えると、絶品お吸い物に!4,取り出した昆布とカツオ節を鍋に入れ、1リットルの水を加えて中弱火にかける。5,煮立ってきたら火を弱めて3〜5分、90度前後で煮立てて火を止める。濾したら二番だしの出来上がり。※煮物や味噌汁に!濾すときには、上から押しつけたりせず、重力に任せて水滴が落ちてこなくなる程度でOKです。ちなみに、市販の顆粒だしを使うときには、ざるにキッチンペーパーをひいて、その上に顆粒だしをおき、湯をかけながら溶かすと粉っぽさがなくなり、本格的な味わいに近づきます。
次ページ :  野菜は出来上がりの口当たりを想像して下ごしらえを …>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年8月20日今日の献立

家族でワイワイ楽しむ献立です。ホットプレートが大活躍の週末メニューです。

ピックアップ

最新の おいしい!

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.