【奥渋谷】激ウマ「飲める」さばの味噌煮!明治から4代続く鮮魚店直営店

 


「さば味噌煮」の概念が崩れる!?
おっと、これは大きくでましたね。いま注目を集める奥渋(神山町・富ヶ谷あたりの通称)にある『魚力』の外看板の言葉に俄然興味津々です。明治から4代続くという歴史、鮮魚店直営という事実がさらに期待感を高めます。


外看板


注文は札をとってカウンターに持っていく仕組み。迷わず「さば味噌」と言いたいところですが、「カミ」と「シモ」の2種類。「カミ」は頭側、「シモ」は尾側のこと。カミのほうが高いので、きっといい部位ということだろうと「カミ」を選択。とはいえ、20円程度の違いなのできっと大差はないのでしょう。


カミ?シモ?


そういえば、さば味噌って二枚におろすのが一般的ですよね。一匹まるまるを半分にぶつ切りにするのは珍しい。他にも白味噌を使っているところ、スープ状になっているところも他とは違います。だけど、このくらいでは「さば味噌煮」の概念は崩れませんよ、魚力さん。


さばみそ


とにかく、いただいてみましょう。えっ、何ですか?この柔らかさは!分厚い身に反比例するような柔らかい口どけ。しかも、骨までも信じられないほどの柔らかさなんです。なるほど、ぶつ切りでいいわけだ。
次ページ :  さば自体の脂の旨味はもちろんなのだが、骨の独特の旨味がたま…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年11月18日今日の献立

土曜日はちょっと手をかけて、カレー粉から作る香り高いカレーを作ってみませんか?スパイスを使った副菜2種を添えて。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.