“世界一の肉の店”が復活!超・過保護に育てられた牛肉って?

 


みなさん、肉料理はお好きですか? もしそうなら、一生に一度くらいは“世界で一番の肉”を食べてみたくないですか? 実は、そんな夢を叶えてくれる場所が、意外と近くにあるんです。それが今年の10月2日にオープンした「HUGO DESNOYER EBISU(ユーゴ・デノワイエ恵比寿)」。

 



 

同店は、「世界一の肉の目利き」と評されるユーゴ・デノワイエ氏が認めた希少肉の専門店。そのクオリティは万人が認めるところで、パリの本店には世界中の美食家が集まり、政界のVIPや世界有数のシェフたちが指名買いするほど。

 



 

かつて日本にもお店があり、肉の供給が追いつかないほどの人気ぶりでしたが、今年5月にクローズ。しかし「ユーゴ氏の本物の肉」の復活を熱望する声が多く寄せられ、それに応える形で、このたび再オープンしました。

 

 

ユーゴ氏のストイックぶりと、味わえるお肉を紹介

ユーゴ氏は、パリの有名精肉店での修業時代から現在まで肉一筋の職人。牛は広い土地に放牧し、ストレスを与えずにゆっくりと育てる「アニマルウェルフェア」で飼育。
次ページ :  牧草や飼料に化学肥料を使用しないだけでなく、飲み水は何度も…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年10月20日今日の献立

焼いたり揚げたり刻んだり・・・野菜をおいしく食べられる献立です。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.