「バナナ愛」あふれる東銀座のジュースバー! 完熟しないと開店しない“店主のこだわり”

 




12時のオープンから絶えずお客さんが来店し、16時には売り切れで閉店してしまうお店「バナナジュース」。その名の通りバナナジュースの専門店で、2014年にオープンしました。その魅力は、1杯の中にぎゅっと詰まったバナナのうまみ。バランスがとれたジュースを作るため、バナナが完熟しない日はお店を閉めるほどのこだわりっぷりです。お店の誕生と美味さの秘密について、店主の大和田理恵さんに伺いました。



 

――純喫茶などでしか目にする機会のないバナナジュース。かなりニッチな需要な気がしますが、なぜバナナジュースの専門店をオープンしようと思ったのでしょう?

もともと勝どきで喫茶店をやっていて。そのお店を閉めた後に、夫の仕事の次の拠点となる事務所の物件を探していたんです。その時に見つけたのがこの建物。1階が車を入れるガレージで、このスペースで何かできるんじゃないかなって。ほら、床がちょっと傾いているでしょ? ただ、物件の事情で大規模な改装はできず、火を使って料理をすることができませんでした。その時、思いついたのが喫茶店時代から人気のあったバナナジュースの専門店。じつは喫茶店時代の店名も「バナナジュース」だったんですよ。
次ページ :  ――喫茶店の名前が「バナナジュース」とは、かなりこだわ…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年9月24日今日の献立

残暑厳しい季節のエスニックメニュー。ナスのカレーにキノコのマリネ。柿をのせたヨーグルトで〆。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.