プロ級「サーモンのリエット」がサケ缶で作れるって本当?【シェフのテク】

 





こんにちは、v i v o花本です。さて連載13回目となる今日は、鮭缶を使って伝統のビストロ料理『リエット』に挑戦です。缶詰で作るメリットは、サケを処理する手間が省けることと、予め火が通っているので作る際の時短になることの2点です。

 

【家バルつまみ by vivo花本朗 #13】 王道ビストロ料理『リエット』

『リエット』とは?

リエットはフランスのロワール地方で500年以上前から作られている郷土料理で、本来は豚肉を粗いペースト状にした保存食の一つです。パンに塗って食べるのが一般的で、ご存知の方も多いかも知れませんね。
本来は豚肉で作られますが、魚介を使用したリエットもフランスでは広く親しまれていて、その中でも最もポピュラーなのがサーモンを使ったものです。

 

5分でリエット、後は冷やすだけ



【材料】
鮭缶               1缶(180g)
無塩バター   30g
生クリーム   45g
塩コショウ    少々

 

 



今回は1番メジャーなこの鮭缶を使用しました。そして材料はたったこれだけです。では早速作っていきましょいう。
次ページ :    【作り方】 ①フライパンにバターを…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年4月21日今日の献立

土曜日は一緒にワンタン作りはいかが?手作りは格別の美味しさ。チャーハンとサラダを組み合わせた中華献立。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.