4つのコツだけで激変!紅茶が10倍おいしくなるとっておきの淹れ方

 



深まる秋、たちのぼるかぐわしい香気に包まれながら、

熱々の紅茶でひと息、なんて大人の女性にふさわしい豊かに時間なのでしょう。

今年は、紅茶にもっと詳しくなりたい、と

去る11月1日の「紅茶の日」に合わせて、紅茶飲料No.1ブランド「午後の紅茶」を販売するキリンビバレッジが、

帝国ホテルで行った紅茶セミナーに伺いました。

講師は、日本における紅茶の権威、磯渕猛先生。

権威、とはいえ、すごく気さくで楽しい方!

そして目からウロコでしたが、

紅茶は、高級な茶葉でなくても、

淹れ方次第で、ぐんとおいしくいただけるそうです!

完全にウケウリですが、

そのコツをご披露しましょう。

 



コツ1・水は汲みたてか、水は汲みたてか、軟水にすること。

沸かし直しのお湯を使うなんてもってのほか!

 

コツ2・湯の温度は95℃にすること。

決して沸騰させることなかれ!フツフツのフ、くらいで火をとめます。

こうすると湯に空気が含まれて、茶葉が開きやすいとのこと。

 

コツ3・茶葉を湯の中で踊らせること。

上の条件がととのっていたら、湯の中で茶葉が躍るように上下します。
次ページ :  これはジャンピングと呼ぶそうで、茶葉の味や香りを最大限…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.