カンパリから登場の「アペロール」が宅飲みにぴったりすぎて泥酔!

 



普段はワインやビール派。そういえば最近、リキュールは飲まないかも…?という人も、20代のころは「カンパリオレンジ」「カシスソーダ」「カルーアミルク」などののお世話になったのではないでしょうか。

なりましたよね?

ここで新しく登場するのが「アペロール」。カンパリのような、柑橘とマッチするリキュールです。

カンパリほどのハーブのクセもなく、とにかく甘くて軽い!度数でいえばカンパリ(22°)の半分(11°)ですが、油断しているとあっという間に泥酔する飲みくちのよさです。お酒に渋みや苦みは求めない、ただ甘くて気持ちがいいものが好き!という人が全員ウソのようにハマるアペロールの魅力をさらっとご紹介させてください。


左アペロール、右カンパリ。

いっけん日本では新顔ですが、実は1919年からの歴史ある飲み物なのだそう。特にイタリア北部では食前酒(アペリティーヴォ)としてとてもメジャーで、夕方にバルに寄ろうものなら老若男女みんながオレンジのドリンクを手にしているといいます。



こんな感じですね。このハッピーそうなオレンジ、最高!

水でも炭酸でもジュースでも好みのもので割って飲めばOKなのですが、このフレッシュさを生かしたオススメの楽しみ方を教わりました。
次ページ :  オススメ1・アペロールスプリッツアー &…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年1月16日今日の献立

今日はご馳走だね、の声が聞こえてきそう。家族が大好きなおうちのハンバーグに、バランスよく副菜を組み合わせます。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.