日本ワインの誕生から140年。日本固有種「甲州」の奥深き世界

 



日本の白ワインは「甲州」と名のつくものが多いのですね。これ、山梨県甲州地方で作られたワインの総称ではなく、日本固有のブドウの品種名で、日本を代表する白ワイン用の品種なのです。でも、じゃあどんなブドウ?と訊かれると、多くの人が詳しく知らないでしょう。実はこの甲州に日本ワイン誕生のルーツがあるのです。

 

「そこに甲州があったから」日本の白ワインは産声を上げられた

 

栽培の歴史は古く、平安時代に今の甲州市勝沼地区の岩﨑という村で発見されたという説があるほど。寒暖の気温差が激しい勝沼地区の土壌が栽培に適していたこともあり、ブドウは甲州地方の名産品として全国に知られていました。明治に入った1877年、日本最初の民間ワイン会社が甲州市に創立されたのもこの土壌があってのこと。甲州はずっと食用でしたが、このときからワインの醸造用としても使われることになったのです。

 

甲州の味は当初から評判が高く、ヨーロッパの有名銘柄に匹敵する上品で繊細な味わいをもっているとされました。が、一方、「おとなしく個性が凡庸」と比喩されることも。そこでワインの開発者たちは、甲州の味をもっとランクアップさせるため、努力に努力を重ねたいのです。
次ページ :    欧州伝来の「シュール・リー」製法が甲…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年11月21日今日の献立

スピーディーでヘルシーで美味しい、野菜たっぷりのおうちラーメン。忙しい日はこの献立で決まり!

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.