フライパンってどう選べばいいの?道具選びのプロが教えるチェックポイント

 

「テフロン加工」はフッ素加工の一種になります。

飯田さん「加工の種類によって多少の違いはありますが、基本的にはどのコーティングも食材がフライパンにくっつきにくくなり、料理が簡単にできるメリットがあります!」

◎ 料理のしやすさ重視の人に

フッ素加工は熱に弱く、1年ほどで買い替えが必要になります。一方でセラミック加工の耐熱温度は高めに設定されていますが、耐用年数はフッ素加工と変わらず1年程度。

飯田さん「正しい手入れをして火加減に気をつけて使えば、多少は長く使えるようになりますよ!」

■ 自分に合ったフライパン選びを

自分の料理スタイルに合った、フライパンのサイズや材質は見つかったでしょうか?今までは何となく選んでいたかもしれませんが、今日からは正しいフライパン選びをしてください!

◎ 取材協力

飯田結太さん
大正元年に創業された料理道具店「飯田屋」の6代目。料理グッズは8500アイテムを揃え、フライパンだけでも150種類、卵焼きサイズのフライパンも合わせると200種類も取り扱っている。客層は料理人から主婦まで幅広い。個人的にもフライパンを60枚も所有し、日々試している。

(image by PIXTA)
(著:nanapiユーザー・chomy)
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年11月20日今日の献立

1週間の始まりは元気が出る中華の夕ご飯で決まり! フライパンで作る蒸し物は思ったより簡単にできるのでお勧めです。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.