やせる食事を続けるコツは? 高タンパク低カロリー食の秘訣

 

ダイエット

日々トレーニングに励んでいる人やボディラインが気になっている会社員やサラリーマンなど、幅広い層のお客さんが訪れる「筋肉食堂」。ここでは、おいしくて身体にいい、高タンパク低カロリーの料理が楽しめます。

前回、タンパク質を摂ること、日々タンパク質を“意識する”ことの重要性を元パーソナルトレーナーで、「筋肉食堂」マネージャーの谷川俊平さんに教えていただきました。

高タンパク低カロリー食がいかに大事かはわかりましたが、問題は続けられるかどうかです。現在も体脂肪率10%以下をキープしているという谷川さんに、“続けるコツ”をうかがいます。

鶏もも肉も、皮をとればヘルシーに

鶏肉

鶏むね肉やささみに代表される高タンパク低カロリーの食べ物は、味が淡白なので、すぐに飽きてしまいそうで心配です。


谷川俊平さん :

塩レモンや柚子胡椒など、味を変えれば飽きることなく続けられると思いますが、鶏肉の場合、もも肉も皮をとれば脂肪はぐんと減らせますし、むね肉と比べてタンパク質量もそれほど見劣りしません。

鶏肉に限らず、牛肉や豚肉、魚にするなど、食材自体を変えていけば、バリエーションは広がります。

ラム肉は脂肪燃焼、サーモンには抗酸化作用も

サーモン、卵、肉
  • 豚肉→ビタミンB群(疲労回復)
  • 牛肉→トリプトファン(幸せホルモン“セロトニン”の材料)
  • 鶏むね肉→イミダゾールペプチド(疲れにくい身体に)
  • ラム肉→カルニチン(脂肪燃焼)
  • サーモン→アスタキサンチン(抗酸化作用、アンチエイジング)
  • マグロ→タウリン(肝機能向上)
  • サバ→DHA・EPA(動脈硬化予防)
  • 豆腐→イソフラボン(女性ホルモンを活性化)
  • 卵→コリン(記憶力向上)
高タンパクの食材を組み合わせることで、素材がもつ栄養素をバランスよく摂れるという利点もあるのだとか。
次ページ :  「筋肉食堂」でも、鶏むね肉とサーモン、牛赤身肉のハンバ…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年11月12日今日の献立

ブリの混ぜご飯をメインに、甘みが増している春菊やホウレン草の副菜を揃えた和食の献立です。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ