一緒に食べると健康効果がUP! 野菜・フルーツの食べ合わせ7選

 

野菜
image via shutterstock
人はみんな友達から助けを得ていますが、それは食べ物でも一緒。

特定の食べ物を組み合わせて食べると、栄養素が力を合わせることで、健康にとってよりよい効果をもたらしてくれるのです。そうした中のひとつは、炎症を減らしてくれる作用です(炎症になると、赤くなったり腫れたり、痛くなったりします)。

7つのベストな組み合わせをご紹介。食べるときにはこの組み合わせを思い出して、足してみましょう。

1. 緑黄色野菜とオリーブオイル

野菜

野菜と健康的な脂肪を組み合わせて食べると、ルテインやβカロテンなどの抗酸化物質の吸収が促されることが研究によって明らかにされています。

緑黄色野菜の持つ抗酸化物質であるルテインは、目の炎症を抑えてくれます。ルテインは、加齢黄斑変性症などの神経変性疾患の予防に効果があるのです。

もうひとつの抗酸化物質、βカロテンは、高齢者の全身性の炎症を軽くすることが分かってきています。サラダの上にオリーブオイルを少し振りかけて、抗酸化物質をより吸収しやすくしてみては。

2. ほうれん草とブルーベリー

ブルーベリー

サラダほうれん草とブルーベリーでスムージーを作り、運動の前後に飲んでみましょう。
次ページ :  ある研究によると、毎日6週間ブルーベリーを食べたアスリ…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ