夏バテ対策にヨーグルトがいい理由とは? ひんやりスイーツレシピも

 



その結果、前者の群では、汗のかきやすさ、皮膚血管の開きやすさ(血管が開くことで熱を放出)が3倍向上しました。

3. タンパク質とビタミンを一緒に摂ると、暑さに対応できる可能性が
ヨーグルトを食べる女性
image via Shutterstock
熱中症対策には、体を暑さに慣れさせて(暑熱順化)、適切に汗をかけるようにすることも重要です。 ヨーグルトに含まれる乳タンパクとビタミンB群を一緒に摂ると、暑さにうまく対応できるようになるという可能性を示す研究があります。

健康な女子学生18名にタンパク質とビタミンB群の少ない食事と、タンパク質とビタミンB群が多い食事を7日間ずつ摂ってもらい、それぞれの食事摂取期間前後にサウナに入ってもらい、深部体温や体表温度、皮膚の血流量、発汗量を調べました。

その結果、タンパク質とビタミンB群が多い食事を一緒に摂ると体表温度が上がりやすくなり、体から熱をうまく逃がせている可能性が示唆されました。また試験参加者は「タンパク質とビタミンBが多い食事を摂った後のほうが、暑い環境を快適に感じられた」と答えたそう。

4. 乳酸菌が腸の調子を整え、自律神経のはたらきや、水分や栄養の摂取を助ける
久手堅先生によると、夏バテや寒暖差疲労などでクリニックを訪れる患者さんには、下痢や便秘などをくり返したり、食が細くて十分に栄養かをとれない人が多いそう。
次ページ :  「このように腸が弱っていると自律神経のはたらきが…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード
ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ