ネバネバは洗い流して食べる? 納豆は海外でも話題なんです

 

世界の国旗と納豆

アメリカの健康専門誌『ヘルス』が、日本の大豆(特に納豆)を「世界5大健康食品」のひとつに選定したのが2006年(※1)。いまや日本の「Natto」は、その栄養価の高さから世界で注目される食品となっています。

欧米やアジアのスーパーでも売られるようになり、醤油や味噌、豆腐に続く日本発のグローバル・フードとして認められつつある納豆。今回は、韓国・中国・アメリカ・フランスの納豆事情をご紹介します。

韓国の納豆市場は10年で10倍に

韓国の国旗

アジア諸国のなかでもとくに、納豆市場が広がりをみせているのが韓国です。2005年から韓国食品メーカーの参入がはじまり、2016年には市場規模が10年前の10倍、なんと24億5千万円に拡大したといいます。

もともと韓国には、納豆に似た大豆発酵食品「チョングッチャン」がありました。しかし、2016年には「チョングッチャン」と比べて、納豆の市場規模のほうが大きくなったとのこと。大人気の日本アニメの影響で、納豆を食べたくなった人も多いそうです。

中国では富裕層が「健康食」として注目

中国の国旗

中国では健康に意識が高い富裕層を中心に、納豆が人気を呼んでいるとのこと。以前は納豆そのものよりも、納豆由来の健康成分である「ナットウキナーゼ」のほうが有名で、日本への旅行で“爆買い”する人も多かったとか。
次ページ :  しかし現在では、内陸部のスーパーで中国産の納豆を購入で…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ