乾燥で弱った肺が不調をまねく? 薬膳の知恵は「白い食べ物」

 

カトラリー

乾いた空気や暖房で、カサつく肌が気になる今日この頃。

オイルやクリームなどの保湿アイテムで対策しているという人も多いかもしれませんが、外側のケアだけでなく内側からのケアもプラスするとさらに効果的です。

今回は、「薬膳」の知恵を取り入れた乾燥対策をご紹介します。

乾燥で弱った「肺」がさまざまな不調につながる

肺

中国の伝統医学・中医学によると、心・肝・肺・脾(ひ)・腎(じん)の「五臓」のうち、乾燥の影響をもっとも受けやすいのは「肺」。

肺は呼吸器系だけでなく皮膚、大腸とも関係が深いため、肺が弱ることで咳が出たり、肌が乾燥したり、便秘になったりといった不調をまねくと言われています。

乾燥から体を守る、身近な「白い食材」

れんこん

そんな体調のゆらぎを食材の力で整えてくれるのが、「薬膳」。

中医学では、肺を潤す食材の特徴は「白色」とされており、大根、れんこん、白ごま、百合根、山芋、卵、牛乳、豆乳、豆腐、いか、豚肉、牡蠣、白きくらげ、はちみつ、梨、柿、ぶどうなどが挙げられます。

薬膳と聞くと、生薬やクセのある味のものをイメージしがちですが、上に挙げた食材は身近なものばかり。季節や体質、体調に合わせて食材を選ぶことが、実は立派な薬膳なのです。
次ページ :  「冷え対策に辛いもの」はNG ちなみに、寒い…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年5月27日今日の献立

ジューシーなハンバーグに副菜は梅干しや甘酢を使ってサッパリと。

ピックアップ
杉本節子のおうちフレンチ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ