免疫力アップや美肌に。かぼちゃの健康効果と栄養を逃さず食べるコツ

 

パンプキンスープ

秋の味覚として、おかずやスイーツとして大活躍のかぼちゃ。実はかぼちゃには、おいしいだけでなく女性にうれしい栄養素が豊富に入っているのです。

健康効果と、おいしいかぼちゃを見分けるコツ、栄養を逃さない調理のポイントを紹介します。

栄養豊富で低カロリーなかぼちゃ

かぼちゃ

かぼちゃは、100g(小さめのかぼちゃ約8分の1個)あたり約91kcalと、意外に低カロリー。加えて、さまざま栄養素が豊富に含まれているところもうれしいポイントです。


主な栄養素は炭水化物(糖質)であり、そのほか、ビタミンA(β-カロテン)、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウム、食物繊維など(後略)

(「Diet Plus」より引用)

ビタミンAで免疫力アップ

かぼちゃサラダ

かぼちゃに含まれているビタミンA・C・ Eは、抗酸化力が強い栄養素。なかでもビタミンAは免疫機能を助け、目や歯、骨、肌、爪の健康を保つはたらきがあると言われています。

風邪やがん予防、動脈硬化予防への効果が期待されているそうで、これから寒くなる今、まさに摂取したい栄養素です。

β-カロテンが美肌づくりもサポート

かぼちゃ

また、かぼちゃのオレンジ色を構成しているβ-カロテンも女性は積極的に摂りたいもの。
次ページ :  粘膜や皮膚を丈夫にするため、美肌づくりに役立ちます。…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年11月20日今日の献立
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ