愛あるセレクトをしたいママのみかた

夏バテ予防レシピ。夏野菜の冷やしおでんで、さっぱり栄養補給

 

食物繊維やビタミン類がしっかり摂れる「夏野菜の冷やしおでん」のレシピをご紹介。温かいものを冷やすことで、具にしっかり味がしみ込んでさらにおいしく。汁はおでんだしの他に麺つゆでも作れます。トマトに含まれるうまみ成分と和風だしの相乗効果で、薄味でもおいしく食べられますよ。減塩のために汁は残して食べてくださいね。

夏野菜の冷やしおでん

20180724_dp_recipe

<材料1人分>

  • トマト1個
  • 大根3cm分
  • おくら3本
  • ちくわ1本
  • ゆで玉子1個
  • ★顆粒おでんだし小さじ1/2
  • ★水400cc
<作り方>

  • トマトは湯剥きする。大根は半月切りにする。ちくわは斜めに切る。おくらはヘタの固い所を落としておく。
  • ★の材料で大根を煮る。おくら、ちくわを後から加えて火が通ったら火を止める。
  • トマト、ゆで玉子を入れてそのまま冷まし、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やす。
  • 食べる前に器に盛り付けて出来上がり。
  • 管理栄養士からのワンポイントアドバイス
    夏が旬の野菜、おくらとトマトをさっぱり食べられるレシピ。どちらも緑黄色野菜ですので、疲労回復に有効なビタミンB群の摂取が見込めます。栄養価の高い卵も一緒に食べられるので、暑さによるダルさの予防にもつながります。ダイエットプラス管理栄養士 高橋香奈

    >>体が喜ぶ時短レシピをもっと読みたい
    [DietPlus]
    関連リンク
    この食コラムに関連するレシピ
    今あなたにオススメ
    この記事のキーワード

    今日の献立

    2020年10月1日今日の献立

    体への負担を考えて濃すぎず、でも美味しい配合にしています。

    最新のおいしい!
    記事配信社一覧

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

    アプリ版
    「E・レシピ」で、

    毎日のご飯作りが
    もっと快適に!

    E・レシピアプリ

    画面が
    暗くならないから
    調理中も
    確認しやすい!

    大きな工程画像を
    表示する
    クッキングモードで
    解りやすい!

    E・レシピアプリ 作り方

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

    最近見たレシピ