1週間に7杯を超える飲酒が寿命を縮めるという研究結果

 

まさに酔いが覚めるようなニュースです。

20180613_drink
image via Shutterstock
というのも、国際的に行われた大人数を対象にした研究によると、成人は平均1日1杯もアルコールを飲んではいけないとわかったから。多くの国の飲酒に関するガイドラインがゆるすぎるという結果が導き出されたのです。

この研究によれば、1週間に7杯を超える飲酒をしていると、死期が早まるという結果に。「ここからいえることは、寿命を考えるなら、1日に1杯も飲むなということに」と、デービット・ジャーニガンさん。ジョンズ・ホプキンス大学でアルコールを研究し、今回の研究にも携わった人物です。

政府の推奨は「多すぎ」

米国政府は女性に対しては飲酒するなら1週間に7杯までと推奨を出していますが、男性に対しては14杯となっています。従来の研究で、女性は男性よりもいくつかの理由から飲酒の影響が出やすかったからなのです。たとえば、平均すると女性の体重は男性よりも軽かったり、血液中のアルコール濃度が高まりやすかったりするというもの。

今回のあたらしい研究によると、現在の米国のガイドラインが許す範囲で飲酒している40歳の男性の場合でも、1週間に7杯にとどめている男性と比べると、寿命が1~2年短いと見積もられました。
次ページ :  カナダとスウェーデンにも、米国農務省によって設定された…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年6月19日今日の献立

メインはアジのオーブンパン粉焼き。副菜はどこか懐かしい味のマカロニサラダとジャガコーン。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.