ニュージーランドの栄養士に聞いた!「カラダの悩み別」で選ぶキウイの色

 

1日に四季があると言われるニュージーランド。寒暖差のおかげで、ニュージーランドの土壌で育つフルーツや野菜は、旨味と栄養がギュッとつまっています。特に、ニュージーランド最大の農作物のひとつであるキウイは、酸味と甘味のバランスが素晴らしく、本当においしいですよね。

前回の記事でもご登場いただいたニュージーランドで活躍する栄養士で料理研究家のエマ・バッツさん(Emma Batts)にキウイの栄養価や選び方を伺いました!

カラダのコンディションでキウイの色を選ぶ!?

_DSC6986(2)

キウイにはさまざまな品種がありますが、私たちが日常生活でよく見かけるのは、果肉が緑色と黄色のキウイ。実は、それぞれに栄養価が異なるのをご存知ですか?

_DSC7726

「品種によって少し変わりますが、一般的に緑色のキウイのほうが食物繊維を多く含んでいます。一方、黄色のキウイは、ビタミンCやビタミンEが豊富です。ですから、お通じをよくしたいときは整腸作用のある緑色のキウイ、肌やカラダが疲れているときは黄色のキウイを摂るようにするのもよいでしょう」(エマさん)


緑色のキウイは食物繊維を2.5g含有していますが、黄色のキウイは1.4g含んでいます(100gあたり)。
次ページ :  加えて、緑色のキウイには“アクチニジン”という酵素が含まれ…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年10月21日今日の献立

週末は韓国風! 簡単に準備出来る具材ののり巻きに、ボリューム満点焼き肉に、さっぱりとしたデザートの献立です。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ