和食の「だし」と肥満予防の関係性って?

 

お味噌汁、うどん、蕎麦、煮物など、和食に欠かせない調味料である「だし」。入っていないと何か物足りない味になってしまう、おいしさの大事な要素です。龍谷大学農学部 食品栄養学科教授 食の嗜好研究センター長 伏木亨先生によると、この「だし」が肥満予防にもひと役買ってくれるのだとか。

だしに含まれる「うま味」の正体とは?

1805_dashi_01
image via shutterstock
日常的に使う頻度の高いだしといえば、「昆布だし」や「かつおだし」などが挙げられます。鍋の中に入れて放置しておくだけでとれる簡単な作業にもかかわらず、料理の味の決め手になってくれます。そもそも、あのうま味の正体は何なのでしょうか?


うま味はその名称から“おいしい味”と誤解されることもありますが、甘味、塩味、酢味、苦味の基本の味覚に加わる、5番目の味覚のこと。アミノ酸の一種であるグルタミン酸・アスパラギン酸、核酸の一種であるイノシン酸・グアニル酸などが、日本のだしにあるうま味の正体です。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)


甘い、辛いでは表現できない、それらをかけ合わせたような味だと思っていたけれど、うま味も味覚の1つでした。
次ページ :  だしで取ったうま味があれば、他の味覚は調整程度で味が完成し…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年9月19日今日の献立

お店とはひと味違うしっとりチャーハンに、よく合うおかずとスープをプラスして。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.