「週一納豆」で脳卒中死亡リスクが3割減。知られざる納豆パワー

 

5月の特集は「かしこい食の方程式」。意識して選びたい「食」に注目し、積極的にプラスしたい食材、なるべく避けたほうがよい食材を紹介していきます。今回は納豆について。

20180508_natto_1

「納豆をよく食べる人は脳卒中による死亡リスクが低い」って本当? 手軽な菌活食材として世界的にも注目される、納豆の知られざるパワーをご紹介します。

「週一納豆」で脳卒中による死亡リスクが3割減

週1~2回、納豆を食べるだけで、脳卒中による死亡リスクが3割減少する――。この調査結果は、岐阜大学の永田知里教授(医学系研究科、疫学・予防医学分野)のチームが日本人約3万人を16年間追跡研究して導き出したもの(※1)。納豆35g入りパックを週1~2回食べる人は、ほとんど納豆を食べない人にくらべて、脳卒中による死亡リスクが32%も低かったといいます。脳卒中だけでなく、心筋梗塞などでの死亡リスクも下がる傾向にあり、納豆の健康有益性が裏付けられました。

日本では古くから栄養価が認められてきた納豆。納豆の原型は縄文時代の終わり頃には存在していたとされ、江戸時代の書籍『本朝食艦』にも納豆の整腸作用や解毒作用が記録されています。1980年代には血栓を溶かす酵素「ナットウキナーゼ」が発見され、さらに注目を集めることに。
次ページ :  近年ではアメリカの健康専門誌『ヘルス』が「世界5大健康食品…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年11月15日今日の献立

メインはホタテとイカの旨味がつまった炒め物。ご飯に合う3品です。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ