お弁当の日と自分たちで作る日 #根本きこの島ごはん

 



わが家でお弁当を持って出かけるのは、もっぱら夫と子どもたちです。週に二日、ないしは三日の出番なので、「まいにち五時起きで弁当作り」とか聞くと、ほんとうに頭が下がる想いです。わたしの友人にも数名そんな猛者がいて、それも給食の献立をほぼ再現!という実に細かな神業をこなしているものだから、ずぼらなわたしはとても彼女(彼ら)に足を向けて寝られません。

給食は、わたしの遠い記憶だと(遥か昔のことですが)、とってもおいしかった。好きだったのはドライパインが入ったコッペパンだとか、ミートボール入りのクリームシチュー。それから牛乳に入れるとコーヒー牛乳風味になる黒糖シロップなど、「いかにも子どもが好きそうなもの」が出てくると、「わあ」となったものでした。小学校の高学年にもなると、がぜん女子の方が成長が著しく、まだまだ食べ途中の男子を横目に、ささっとおかわりをしたりして。まだ「羞恥心」というものもほどほどないせいか、どんどん食べる方がさもかっこいいというような食べっぷりは、きっと当時のクラスメイトの男子から見ると......と、想像するだけで今さらながら赤面です。

さて、うちの子どもたちは、学校ではなく馬の牧場に通っているので、「給食」というものがありません。
次ページ :  その代わりに毎週月曜日は「自分たちでお昼ご飯を作る日」とな…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.