iメンテナンスのお知らせ

NYで話題。世界各国のおばあちゃんシェフが作る「ノンナの味」が一番プロジェクト

 



イタリア語で「おばちゃん」を意味するノンナ。そんなノンナが集結、腕を振るい極上の手料理を出してくれるレストランが、ニューヨークで話題となっています。

故郷の味は、おばあちゃんの味

話題のレストランは「エノチカ・マリア」。イタリアン・レストランとして毎日営業しているのですが、その店のメニューの半分はイタリアン、残りの半分はインターナショナルで、日替わりで様々な国のお料理が食べられます。イタリアンはイタリア人のノンナにより調理され、そしてインターナショナル部門を担当するのは、世界各国からやってきたノンナです。

1日に2人ずつキッチンに立つ「おばあちゃん」たちを、経験豊かだと尊敬と愛を持って、そう呼んでいる人々。30から40人ほどのノンナたちは、トルコやアルジェリア、アルゼンチンやペルー出身だそうで、お客さんはビジネスマンから学生までいろいろ。特にニューヨークで働く移住者たちが家族を連れて来たりと、懐かしい本物の味が愛されているようです。




「いろんな文化の人たちがこのレストランに食事に来る。イタリアの「おばあちゃん」の味を求めてね。だから私たちもみんなの文化をお祝いできたら、なんてすばらしいだろうって思ったんだ」

(Youtubeよりレストランのオーナー、ジョーディー・スカラベッラさんのコメント引用翻訳 )

健康で幸せな生活は、食事あってこそ

こころを満たす、一番手っ取り早くて一番大事な食事。
次ページ :  海外どこでも、日本人の私たちが一杯の緑茶でホッとひと息でき…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年6月23日今日の献立

和食のような、中華のような・・・良いとこ取りの和洋折衷の献立です。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.