トマトとアンチョビが引き立てる、さんまのスパゲッティ【南イタリア美人レシピ】

 



日本では秋の風物詩、さんまがおいしい頃でしょうか。イタリアには「日本と同じさんま」はありませんが、とてもよく似たコスタルデッレという魚があり、こちらも今が旬のようです。今回はこの、イタリアのさんまが主役のパスタを作ってみました。トマトの酸味とアンチョビのコクが加わって重層的な味わいです。

難しいことはしない、イタリアの魚料理

日本では最近、魚をイチから調理する家庭が減っていると言われますが、イタリアでも基本的に家庭で魚を三枚におろしたりといった面倒なことはしないようです。

最低限の下処理(水洗い)は魚屋さんにやってもらって、家庭では一尾まるごと塩釜焼きやアクアパッツァ(トマトなどと煮込む)にしたり、ただ揚げるだけの唐揚げにしたりとひたすら豪快。香りの強いニンニクやハーブ、レモンで魚臭さはだいたい消えるので、たいして下処理(塩をしたり、酒をまぶしたり)をしなくても問題なし。和食のように姿が崩れないように、などと気を付けることもありません。なぜなら、サーブされるときには尾頭も皮も骨もあらかじめ取り除かれて、食べられる身の部分だけが出されるからです。

下のレシピでは、さんまを丁寧に下処理しましたが、あえてイタリア流もご紹介するならば、さんまは水洗いしたあと二つに切るだけ。
次ページ :  そのまま(3)で投入したあと、ソースができあがってからさん…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ