愛あるセレクトをしたいママのみかた

多文化を知るチャンス難民シェフがパリでおもてなし

 

今世紀に入って以来、6月20日は「World Refugee Day(世界難民の日)」とされています。今年は、この日に合わせて、フランス、パリで初のユニークな試みが予定されています。

目次 [開く][閉じる]

難民シェフがパリで腕をふるう

その名も、「Refugee Food Festival(難民フード・フェスティヴァル)」。避難民としてフランスに暮らすシェフたちに、パリのレストランで腕をふるってもらおうという企画です。第1回目となる今年は、シリアやスリランカ、イラン、象牙海岸などを故郷とする難民シェフたちが参加します。
20160617_foodfes2.jpg
企画したのは、食を通しての人との出会い・異文化発見を試みてきた「Food Sweet Food(フード・スウィート・フード)」と、難民支援機関「UNHCR」、また、難民シェフを応援する団体「Les Cuistots Migrateurs(渡り鳥のコック)」です。
20160617_foodfes3.jpg
期間は今月17日から21日まで。この催しに賛同するパリのレストラン10店が、エキゾチックな料理をメニューに加えたり、難民シェフとのコラボ料理にトライする予定です。

多様な文化へ目を向けるきっかけに

確かに、「食べ物」は、異文化に触れる一番の近道となり得るものです。
次ページ :  とかく「難民」という言葉で一括りにされやすい人々ですが、彼…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ

今日の献立

2021年5月17日今日の献立

余りがちなジャムも料理で消費! 少ない調味料で出来る献立。

最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ