宝石の原石かと思ったら、食べる前に削って使うオシャレ岩塩でした!

 

塩をこんなにオシャレだと思ったのは、これが初めてかもしれません。容器がオシャレな塩はたくさんありますが、塩そのものがオブジェにしたくなるほど美しいのです。いったいどこからやってきて、どんな魅力を持った塩なのか、詳しく調べてみました。

世界から集められた美ソルトたち



まるで宝石の原石みたいなヴィジュアルの塩は、2018年5月に日本初上陸を果たしたスウェーデンのスタイリッシュ調味料ブランド《rivsalt(リブソルト)》の岩塩。インド、ボリビア、パキスタンなどの世界中から、ファッション性が高く、かつ料理に適したおいしい岩塩を集めたそうです。



●HALITパキスタン

クリスタルクリアな美しい岩塩。幅広い料理に合い、普段使いしやすタイプ

●HIMALAYANパキスタン

マイルドなボディかつスパイシーな味わい。肉料理の味付けにおすすめ

●ALPINEオーストリア

茶褐色が印象的な岩塩。濃厚な風味が肉料理にマッチします

●KALANAMAKインド

独特の香りが特徴。インド料理やオリエンタル料理に使いたい味

●PERSIANBLUEイラン

穏やかな甘さとマイルドさが特徴のペルシアンブルー。
次ページ :  シーフードをはじめ、フランス料理、とくにサラダやトリュフに…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年8月17日今日の献立

かんたん炊き込みご飯と鶏むね肉をグリルで焼いて、切り昆布入りのスープで簡単に!

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.