【DIY】流しそうめんを自宅でやってみよう!(実食編)

 

旅行先などでよくみる流しそうめん。あそこまで大きな設備は設置できないものの、自分の家で流しそうめんができたら楽しそうだと思いませんか?ネットを調べると、既製品も販売されていることがわかった流しそうめん。前回は、折角なので竹一本で流しそうめんを実践できるのか?ということで、竹の加工に挑戦してみました。今回は、実際に流しそうめんを流して食べてみたいと思います。

早速、設置してみよう

前回は、竹を隠して流しそうめんをするための土台を制作しました。【DIY】流しそうめんを自宅でやってみよう!(制作編)
https://limia.jp/idea/103829/?utm_medium=referral&utm_source=rss_woman.excite.co.jp

竹の加工が完了したら、早速、設置作業です。半分に割った竹を組み合わせて麻ヒモなどで固定し、台の上に乗せます。さて、肝心の竹を乗せる台はというと……


テーブルを縦にした側面。見栄えはあまり良くありませんが、子供も取りやすいちょうどいい高さになりました。

実食の前にもう一手間

また、この流し素麺で重要なのは「水」の流れです。ベランダで流しそうめんを実践しようとすると、台所から長いホースを引かなければいけません。
次ページ :  かといってベランダの屋外用水道を使うには衛生面的に気になる…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年11月20日今日の献立

1週間の始まりは元気が出る中華の夕ご飯で決まり! フライパンで作る蒸し物は思ったより簡単にできるのでお勧めです。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.