目と舌にごちそうを。素材と盛り付けにこだわる三ツ星フレンチ

 

暗闇のウェイティングルームで、世界観を堪能


大阪・谷町4丁目にあるレストラン「Fujiya 1935」は、モダンな石造り調の外観が印象的。隠れ家のような入り口から店内に入ると、暗闇のウェイティングルームに案内されます。水滴の転がるオブジェを眺めながら、お店の世界観をゆっくりと堪能しましょう。

席に案内されると、今度は木目をふんだんに使用した落ち着いたインテリアが目に入ります。季節感や自然を感じてもらえるよう、こだわって作られました。

1935年創業の「Fujiya 1935」は現在4代目。上質な料理は、若い世代へと着実に継承されています。

鮮度が命!じっくりと焼いた「8週間熟成丹波牛」


季節によって異なるメイン料理の中でも、「8週間熟成丹波牛」は特に人気のメニュー。じっくりと8週間かけて熟成させ、旨味を凝縮させた丹波牛を、季節の野菜やフルーツと一緒にいただきます。

赤みのうつくしさと上品な味わいに惹き込まれ、リピーターとなるお客さんが多いとのこと。目でもおいしさを味わってもらうため、シェフが細部までこだわって盛り付けました。

今が旬!「子持ち鮎のコンフィ スダチのソース」


コースの魚料理「子持ち鮎のコンフィ スダチのソース」。
次ページ :  しっかりと熱を通した鮎は、骨まで丸ごと食べられます。 ス…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年12月19日今日の献立

ナンプラーやココナッツミルクを使って、手軽におうちエスニック!

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ