おちょぼ口でパクッと可愛く。お麩を使った新感覚スイーツ専門店

 

ゆったりくつろげる隠れ家のようなお店


古都・京都の街の中、京都市役所前にある「OTYOBO by ENGAWA cafe(オチョボ バイ エンガワカフェ)」はお麩で作ったスイーツが味わえるお店です。大通りから少し入ったところ、路地の奥にある、まるで隠れ家のような雰囲気が魅力。

店内は、調理が見えるカウンター席、ゆったりくつろげるテーブル席を用意し、さまざまなシーンで利用できるようになっています。

コンセプトはおちょぼ口で食べられるスイーツ


2017年6月に「ENGAWA cafe」の2号店としてオープン。おちょぼ口で食べられるスイーツを作りたいという店主の思いから、店名が決まったそう。

お麩のおもたせをコンセプトに、見た目にもかわいいスイーツを取り揃えています。焼麩、生麩はひとつひとつ丹精込めて手作りするのがこだわり。店主の思いが随所に感じられるお店です。

サイズ感も魅力的! こだわりが詰まった「おもたせ」


お店のコンセプトでもあるお麩スイーツの「おもたせ」は、ぜひ、手土産に購入したい商品。おちょぼ口で食べられるというサイズ感も人気の理由です。

プレーン生麩に抹茶あんを包んだ「さゆり」、いちご生麩に白あんを包んだ「さくら」は地元京都の日本酒が練り込まれ、大人の味わい。
次ページ :  「生麩のほうじ茶モンブラン」には洋酒を使用し、風味豊かに仕…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.