季節のフルーツ盛りだくさん。街で愛される「幸せのケーキ」

 

丘のまちに根付く、住民たちに愛されるケーキ店


聖蹟桜ヶ丘にあるケーキ店「ル・ププラン」は、街のケーキ屋さんとして住民たちに愛されるお店です。落ち着いた青色のテントが張り出し、軒先にはテーブルと椅子がセット。買ったばかりのケーキをいただく人の姿も見かけます。

日常の中でリラックスしながら、少し贅沢が出来る非日常の楽しみを感じてもらえるようにという想いから、店内はお菓子とケーキでお客さんを取り囲むようにレイアウト。厨房から漂う甘い香りが店内の空気を満たし、訪れた人を幸せな気分にさせてくれます。

姿や形は変わっても人々を幸せにするお菓子を目指して


店名になった「ププラン」とは、17世紀のお菓子の名前。ププランはその後シュー生地となり、シューを使ったその他のお菓子に変化していきました。17世紀から姿を変え現在に至るように、伝統と基本を忘れず時代に合わせたお菓子を作る気持ちでププランという名前になったそうです。

もうひとつ、ププラン(poupelin)のプープ(poup)には帆という意味もあります。美味しいケーキで笑顔を生み、生活の追い風となるようにという意味も含まれているようです。人々に自然と笑顔を呼び、幸運をもたらすようなお菓子づくりをコンセプトにしています。
次ページ :  季節を感じるフルーツいっぱいの爽やかケーキ …>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年11月22日今日の献立

キノコやレンコンなど旬の食材を使った主菜に、土鍋で炊き上げる炊き込みご飯。秋の味覚をお楽しみください。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.