iメンテナンスのお知らせ

プロが教える"基本"をマスター! 自宅でできる♡ おいしいドリップコーヒーの淹れ方

 

ドリップコーヒーに必要なマストアイテム


用意するものは、細口ポット、ドリッパー、ペーパーフィルター、中挽きの豆、落ちてくるコーヒーを受けるサーバー、マグカップの6種類です。豆は入れる直前に挽くとより美味しく仕上がります。

ペーパーフィルターにお湯を注ぐ


たっぷりお湯を沸かし、ドリップに紙とサーバーをセットします。次に、沸かしたお湯を紙全体に注ぎ、道具を温めましょう。このひと手間を加えることで、コーヒーが冷めにくく、美味しい状態で味わえます。

二人分の中挽き豆を入れる


道具を温めたお湯は捨て、中挽き豆を二人分の30g入れます。少しだけ粗めの中挽きがおすすめです。お湯の温度は85℃前後がベスト!細かく測らなくても、たっぷりめのお湯を沸かしてから2~3分経ったくらいの温度になります。この段階で、マグカップにもお湯を入れて温めておきましょう。

コーヒー豆を蒸らす


粉にゆっくりお湯をかけましょう。全体が湿ったら、20~30秒蒸らします。豆が蒸らされて、どんどん膨らんできます。この「蒸らし」をすることで、コーヒーの美味しい成分がお湯と共に抽出されやすくなります。

お湯をゆっくり注ぐ


次に、お湯を中心から「の」の字を描くようにまわしながら、ゆっくり注ぎます。
次ページ :  そして、粉全体がお湯で浸ってしまう前に止め、水位が下がるの…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年6月23日今日の献立

和食のような、中華のような・・・良いとこ取りの和洋折衷の献立です。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.