原材料や添加物に違いが!意外と知らないラップフィルムのトリビア

 

どこのご家庭にもあるラップフィルム。食品を包んで、そのまま冷蔵庫や冷凍庫で保存でき、電子レンジでの加熱もOKと、とても便利なキッチン用品ですよね。

ラップフィルムにはいくつか種類がありますが、メーカーの違いだけでなく、使われている原材料や添加物にも違いがあることをご存知でしたか?

ラップフィルム


今回は同じように見えても、実は違うラップフィルムについてご紹介します。

原材料の違い

ラップフィルムは大きく分けて、3つの原材料が使われています。

(1)ポリ塩化ビニリデン

一番多く使われているのは「ポリ塩化ビニリデン」です。空気の通りにくくして食品の酸化を防ぐ酸素透過度、水分の蒸発を防いで食品の乾きを防ぐ水蒸気透過度に優れています。
また、耐熱温度も140℃~-60℃と幅広く対応しています。

(2)ポリエチレン

もう一つの素材が、「ポリエチレン」です。こちらは、ポリ塩化ビニリデンに比べ、酸素透過度、水蒸気透過度が劣り、また、耐熱温度も110℃~-70℃と高温に弱いラップフィルムです。

ですが、水素と炭素でできているため、燃やしてもダイオキシンが出ない環境にやさしい素材であることが特徴です。

(3)塩化ビニル樹脂

このほか、「塩化ビニル樹脂」という素材もあります。
次ページ :  塩化ビニル樹脂は、ポリ塩化ビニリデンに比べ、酸素透過度、水…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年5月27日今日の献立

子供から大人まで大好きな肉団子。バゲットなどを添えてどうぞ。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.