疲労回復や胃腸のケアにも◎紫野菜の美容パワーがすごい!

 

インスタグラマーなどの間で、今じわりじわりと注目を集めているのが「紫野菜」。紫の色素成分の「アントシアニン」など、抗酸化力が高い栄養素が豊富なことでヘルスコンシャスな人たちの間でも人気を集めています。

そこで今回は、普段の食事に取り入れやすいおすすめの紫野菜と、おすすめの調理法について、インナービューティー料理研究家の筆者がご紹介します。

紫キャベツ


アンチエイジング・美肌作り・胃腸のケアに!「紫キャベツ」がおすすめ

紫キャベツはアンチエイジングや美肌作り、胃腸のケアにおすすめの食材です。

「赤キャベツ」や「レッドキャベツ」とも呼ばれる紫キャベツは、年中入手しやすいお野菜ですが、特においしくなる旬は冬。まさに今が旬真っただ中の美味しい食材です。

普通のキャベツに比べて鮮やかな紫色の正体は色素成分の「アントシアニン」。ポリフェノール類の一種で、高い抗酸化力を持つのが特徴です。

紫キャベツ


アントシアニンは水に溶け出しやすいので、色鮮やかな状態でいただきたい場合は、生食がおすすめ。

特に酸に反応して色鮮やかになるので、白ワインとお好みのビネガーやスパイス類をあわせてピクルスに、またオリーブオイルとお好みのビネガーやはちみつをあわせてマリネにすると良いでしょう。
次ページ :  生野菜に添えたり、鮮魚のカルパッチョと合わせてサラダ仕…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年12月13日今日の献立

蒸し器のお任せのメインに簡単な漬物、ピリ辛なみそ汁、濃い味と薄めの味付けのメリハリをつけた献立です。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ