レモンの皮で若返りを目指す!簡単作り置きレシピ3つ

 

爽やかな香りが夏をイメージさせるレモンですが、実は国産レモンの旬は秋~冬にかけて。まさに、今が旬なのです。輸入レモンに多い防かび剤が不使用なだけでなく、無農薬も手に入りやすい国産レモンは、皮まで無駄なく食べられます。

レモンの皮を使ったレシピ


レモンの皮には、若返りホルモンとも呼ばれる「アディポネクチン」の分泌を正常に保つ働きが期待されていますから、レモンは皮ごと食べるのが正解!レモンの皮を美味しく食べる作り置きレシピを3つご紹介します。

レモンの皮で若返る!?アディポネクチンとは

アディポネクチンは、脂肪細胞から分泌されるホルモンで、血管の修復、糖や脂肪の代謝を正常に保つ働きのあるホルモンです。糖がエネルギーとして燃焼される手助けをするため、糖が脂肪として蓄積される可能性が下がり、ダイエットのサポートにもなります。

アディポネクチンはホルモンのため、食べものやサプリメントで補うことはできませんが、分泌をうながす食べものがいくつかあります。その一つがレモンの皮です。

レモンの皮に含まれるポリフェノールには、アディポネクチンの分泌を正常に保つ働きが期待されていています。実際に、レモン摂取量の多い人ほど血液中のアディポネクチンの量の多いことがわかっています。
次ページ :  レモンの皮で作り置きレシピ3つ <共通の準備> …>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.