ちょい混ぜでキレイになる!白米と一緒に炊きたいおすすめ食材3つ

 

新米がおいしい季節がやってきました。そのまま食べてもおいしいですが、美容アンテナが高いLBRユーザーの皆さんなら、ちょっと足すだけで美容面での栄養価がグンと高まる食材を加えたいところ。
そこで今回は、白米にちょい混ぜするだけで栄養価が高まるおススメの食材を、インナービューティー料理研究家の筆者がご紹介します。

白米に混ぜて炊くと栄養価がアップする食材3つ


黒米

黒米


黒米は古代米の一種。白米に少し混ぜるだけで赤飯のような華やかな見た目になり、プチプチとした食感も楽しめます。クセもなく食べやすいので我が家も毎日のように黒米入りごはんです。

白米3合に対して黒米大さじ2強が我が家のお気に入り。
白米を洗った後に黒米を加えて炊き上げましょう。(洗いすぎると栄養が抜けてしまいますので注意)

黒米には、濃い紫色の色素成分であるポリフェノールの一種「アントシアニン」が豊富です。これは細胞老化を防ぐ抗酸化作用が高いため、お肌の細胞や血管などのアンチエイジングにおススメです。
他にも、貧血予防に欠かせない鉄分や亜鉛、カルシウムなど、白米に比べて様々な栄養を含んでいます。

玄米

玄米


カフェメニューでも定着しつつある玄米。白米を完全に精製する直前の状態で、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
次ページ :  特にアンチエイジングビタミンとも呼ばれる「ビタミンE」が豊…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年11月18日今日の献立

土曜日はちょっと手をかけて、カレー粉から作る香り高いカレーを作ってみませんか?スパイスを使った副菜2種を添えて。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.