腸活のために専門家がセレクト!美容家が選ぶヨーグルト3つ

 

腸内フローラのために、ヨーグルトを毎日欠かさないという方も多いのではないでしょうか。ヨーグルトを作る際に使われる乳酸菌には、いくつもの種類があり、それぞれに得意分野があります。

そこで今回は、美養フードクリエイターである筆者が、腸内フローラのために選んでいるヨーグルトを3つご紹介。自分にあったヨーグルト選びの参考にしてくださいね!

ヨーグルト


美容家が腸内フローラのために選ぶヨーグルト3つ

(1)ビヒダス/森永乳業

ビヒダスヨーグルトには、乳酸菌のほか、人間の腸内に棲んでいるビフィズス菌が配合されています。

乳酸菌は、水溶性食物繊維などエサとなるものを発酵分解する際に乳酸を作り出し、腸内を善玉菌が活動しやすい環境に調えます。

ビフィズス菌は、食べものを発酵分解する際に乳酸だけでなく、酢酸などの短鎖脂肪酸を作り出します。短鎖脂肪酸は腸のエネルギーとなり、乳酸菌だけで作られたヨーグルトよりもビフィズス菌が入ったヨーグルトを食べたほうが、腸内フローラを改善する働きが高いことがわかっています。

また短鎖脂肪酸は、血液に取り込まれ、脂肪の吸収を抑える、食欲に関わるホルモンの分泌をうながす、交感神経を刺激して脂肪の燃焼をうながすなど、総合的な肥満の予防効果が期待されていますから、ダイエットにも◎。
次ページ :  (2)カスピ海ヨーグルト/フジッコ カスピ海ヨーグ…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年2月23日今日の献立

卵黄をからめて食べる鶏つくねはご飯もお酒もすすみます。香り良い炒めものとホッコリするカボチャ煮の組合せ。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.