ほてりやすい人は要注意!夏に起こりやすい「熱性便秘」とは

 

女性の悩みの常に上位にあるのが「便秘」です。本来排出されるべき毒素や老廃物を溜め込む便秘は、美肌やダイエットの大敵ですよね。

寒い季節は、内臓が冷えることで便秘になりやすいのですが、夏もまた便秘になりやすい季節です。外気温の暑さから、身体の中に余分な熱が溜まることで起こる便秘を、東洋医学では「熱性便秘」と呼びます。

あなたの便秘も、もしかしたら熱性便秘かも?食べものでケアを心がけましょう!

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report


熱性便秘とは?

熱性便秘とは、身体に余分な熱が滞ることで、腸内にも熱が溜まって水分を消費し、腸がスムーズに動かなくなって引き起こされるタイプの便秘です。身体がほてりやすい、お腹が張る、すぐに喉が渇くなどの特徴があります。

夏は、外気温の高さから身体がストレスをうけやすく、体内の熱を上手に逃がすことができずに、身体の中に熱がこもりがちです。また、暑さから睡眠不足になると自律神経のバランスが崩れ、体温調節が乱れることもあります。

熱性便秘対策をサポートする食べもの3つ

(1)キュウリ

夏野菜の代表であるキュウリは、体内の余分な熱を体外に排出する働きのある“清熱瀉火類(せいねつしゃっかるい)”に分類されています。
次ページ :  東洋医学において、夏はウリ科の食べものから水分を摂るといい…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年8月20日今日の献立

家族でワイワイ楽しむ献立です。ホットプレートが大活躍の週末メニューです。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.