アンチエイジングに◎!薬膳的「ブラックフード」のススメ

 

アメリカで流行し、日本でもブームの兆しがある「ブラックフード」。白い食べ物よりも黒い食べ物のほうが栄養価が高いことで注目されていますが、東洋医学ではエイジングケアに効果があるとされています。

薬膳では、「五色」とよばれる食べ物を5つの色に分ける考え方がありますが、黒は老化を防ぐ働きがあるとされ、いつまでも若々しくいたい人には、ぜひともおススメしたいもの。

今回は、国際中医薬膳師の筆者が「薬膳的ブラックフード」がアンチエイジングに良い理由をご紹介します。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report


■女は7の倍数で年をとる

東洋医学の「男は8の倍数、女は7の倍数で年をとる」というのは、“腎精(じんせい)”の変化によるもの。腎精とは、生まれ持って親から授かった“先天の精”と食べ物で得られる“後天の精”の2つを合わせたものをさします。

腎精が生まれつき弱いと初潮が遅れる、不妊など性の力が弱くなり、年をとってから弱ると骨や歯に影響、早くにボケてしまうとされ、腎精を強くすることで更年期が緩やかになるといわれています。

腎は水分代謝の重要なものとして知られていますが、性や生殖、エイジングにも関わりが深いものなんです。

■黒い食べ物は腎に作用する

東洋医学では万物を5つに分ける考え方があり、五臓の腎は、五色の黒と同じグループに属しています。
次ページ :  そのため、腎精を補うには黒い食べ物が相性良し。 腎精は溢れ…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年11月19日今日の献立

丁寧にだしをとった麺つゆの味は格別です。おそばと和の総菜で気持ちもほっこり。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.