夏のお悩み、ニキビと日焼けをケア!実は美肌野菜のゴーヤ

 

湿度と気温が高くなるこれからは、お肌のテカりやニキビも気になる季節ですね。これから旬を迎えるゴーヤは、東洋医学において古くからニキビに効く食べものとして扱われています。ビタミンCも豊富で、夏の肌ケアにピッタリのゴーヤ。干すことでさらに栄養素が高まるようですよ!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report


■ゴーヤでケアできる肌トラブル2つ

(1)ニキビ

東洋医学においてゴーヤは、体内に溜まった余分な熱を取り去る働きのある食べものに分類されています。なかでも、熱がこもることが原因で起こるニキビや口内炎、便秘などに効果があるとされていますから、夏のニキビケアにピッタリの野菜です。

(2)日焼け

ゴーヤ1本には、レモン2個分のビタミンCが含まれています。ビタミンCは加熱に弱いビタミンですが、ゴーヤに含まれるビタミンCは加熱に強く、調理しても壊れにくいのだそうです。このほか、β-カロテンやフラボノイドも含まれていますから、紫外線によって体内に発生する活性酸素を除去して、お肌を紫外線ダメージから守る働きが期待できます。

■干して栄養素UP!干しゴーヤとは?

生のままでも栄養価の高いゴーヤですが、干すことで、カリウムが15倍、カルシウムが18倍、鉄が27倍にアップします。
次ページ :  夏はむくみやすい季節でもありますから、体内の水分バランスを…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年8月24日今日の献立

ショウガや梅などを味付けにつかうと、口当たりがサッパリします。熱い夏でもご飯が進む献立。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.