ダイエット効果を高める!朝ごはん3つのルール

 

「何をどれだけ食べるか」に加え、「いつ」「どのように」食べるかを考慮した「時間栄養学」が最近注目を集めていますよね。特に朝食についてはいろいろな報告が上がっています。
ある食べ物を朝食に食べることで体内時計をリセットしてくれたり、日中の暴飲暴食を抑制させる働きがあると考えられている他、アメリカのある研究によると朝食をとらない人はとる人の5倍も肥満になりやすいという指摘もあります。
そこで今回はダイエット効果を高める朝食のルールを3つご紹介します。

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report


■朝食の炭水化物で体内時計をリセット

人間の体内時計は、ハーバード大学の研究では24時間11分、国立精神・神経医療センター三島和夫部長らの研究では24時間10分といわれています。
体内時計のうち、中枢時計をリセットする方法として、太陽の日差しを浴びることがよく知られていますね。これに対して、末梢時計のリセットとして有効と考えられているのが「朝食」です。朝食にGI値が高い糖質を多く含む食品をとることは、末梢時計のリセットに役立つと考えられています。

朝食による体内時計の調整には、炭水化物だけではなくタンパク質も必要なのだそう。体内時計の乱れが続くと肥満のリスクを高めることにもなりかねないので、ダイエット中でも朝食にはパンやご飯などの糖質と卵などのタンパク質は量や質を選んでしっかりととりたいですね。
次ページ :  ■卵、牛乳など高たんぱくのもので日中の暴飲暴食をコン…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年8月20日今日の献立

家族でワイワイ楽しむ献立です。ホットプレートが大活躍の週末メニューです。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.