紫外線に負けない美白肌は、朝の「リコピン」でつくる!

 

アウトドアを楽しむにはぴったりの季節がやってきましたね。BBQやグランピングなどを計画されている方もいるのではないでしょうか。外で思い切り遊ぶのは、ストレス発散にもなりそうですね!ただ、これからの季節は紫外線が強いことも忘れてはいけません。うっかり日焼けをしてしまわないように、朝は「リコピン」をとりましょう!

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン|Life & Beauty Report


■リコピンの美肌効果

野菜や果物に含まれる赤色色素「リコピン」は、飲む日焼け止めといわれるほど抗酸化力が高く、お肌を紫外線から守ってくれる優れものです。シミの元となるメラニンの生成を抑える、紫外線ダメージによるコラーゲンの減少を抑える、紫外線による肌荒れを防ぐなどの働きがあり、総合的な美肌効果が期待されています。

■リコピンを効果的に摂るには?

夜遅くに食べると食べたものが脂肪として蓄積されやすいように、私たちの身体は、食べた時間帯によっても栄養素の吸収が異なります。リコピンは、朝に摂ったほうが身体に効率よく吸収されることがわかっていますので、お肌のためにリコピンは「朝」に摂りましょう。

■リコピンが多く含まれる身近な食べもの3つ

(1)トマト

トマトといえばリコピンというほど、リコピンが豊富な食材としてお馴染みのトマト。
次ページ :  ミニトマトやフルーツトマトなどの赤色の濃いトマトほど、リコ…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年5月28日今日の献立

味がしっかりとついた食材を使って、少ない調味料でいつもと違う味に。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

インスタグラム
記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.