生理前の食欲を抑えたい!満腹感をもたらす4つのアイデア

 

生理前になると食べても食べても満たされないことってありますよね。良くないと思っていても、小腹が空いて甘い物やスナック菓子をパクパク食べてしまいがち。
そこで今回はいつもの食事に一工夫するだけで、満腹感がアップする方法を4つご紹介します。

生理前の食欲を抑える4つのアイディア


生理前の食欲アップの理由

フルーツとパンを持つ女性


排卵以降、生理が来るまでの期間には、女性ホルモンのうち「プロゲステロン」というホルモンが増えます。
妊娠準備のためのホルモンでもあるので、身体に栄養を蓄えようと食欲を増進させたり、眠くさせたりして身体を休ませようとします。
このため、生理前の食欲増加は、ある程度は仕方がないと考えるようにすると◎。

いつもの食事に一工夫!満腹感をもたらす方法4つ

(1)食事時間に20~30分かける

サラダを食べる女性


まずは、ゆっくりよく噛んで食べましょう。食事をすると血糖値が上がり、それにより刺激を受けた脂肪細胞が「レプチン」という物質を分泌します。レプチンは脳にある満腹中枢を刺激して満腹感をもたらしてくれます。
レプチンが脳に伝わるのは食事をはじめて20~30分ほどかかるので、食事時間はそのぐらい設けるとよいですね。

(2)よく味わう

美味しそうに食べる女性


スマホやテレビを観ながら食事を摂っていませんか?よく味わって食べると、食べる量が減るという研究結果があります。
次ページ :  食べることに集中し、自分が何をどのくらい食べたか認識した方…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年11月22日今日の献立

キノコやレンコンなど旬の食材を使った主菜に、土鍋で炊き上げる炊き込みご飯。秋の味覚をお楽しみください。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.