砂糖依存症から抜け出すために、2週間とり組むべきこと5つ

 

甘い物はお好きですか?やめられないくらい依存している場合、もしかしたら生理前のイライラと関係があるかもしれません。
抑えられないイライラが辛い、甘い物を減らしたいのに止まらない……そう思ったら2週間ほど砂糖抜き生活をしてみませんか?今回は“甘い物中毒”から抜け出した筆者がその方法をお伝えします。

甘いパンケーキ


生理前のイライラと甘い物の関係

ドーナツを食べる女性


砂糖たっぷりの甘い物を食べると血糖値が急激に上がる反動で、今度は血糖値が下がりすぎることがあります。その時にイライラが起こりやすく、しかも女性ホルモンの関係で、生理前は血糖値が上がりやすい状態になっています。ストレス発散にと甘い物のドカ食いは逆効果なこともあるのです。

砂糖抜き生活、2週間で取り組むべきこと5つ

(1)1日3食しっかり食べる

スープをのむ女性


甘い物を止める&減らすコツは朝・昼・夜の食事をしっかり摂ること。食事が乱れている方はまずはここからスタートです。主食(ごはん、パン、麺)、主菜(肉、魚、卵、大豆製品)、副菜(野菜、果物)を必ずセットに。

(2)家にある甘い物をなくす、見えなくする

甘いものから逃げる女性


まずは家にある甘いお菓子は食べきってしまうか、人に配る、もしくは棚の中にしまって見えなくしましょう!この期間はできれば料理に使用する砂糖、はちみつ、甘酒、メープルシロップ、アガベシロップなどもやめたいところ。
次ページ :  (3)OKおやつを準備 干し芋、ナッツ、…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年11月22日今日の献立

キノコやレンコンなど旬の食材を使った主菜に、土鍋で炊き上げる炊き込みご飯。秋の味覚をお楽しみください。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.