食べてキレイを叶えて。誰にでもできる簡単な4つのダイエット習慣

 

以前は、ダイエットといえば体重を落とすことばかりが注目されていましたが、今は“食べてキレイになる”が主流ですね。ダイエットの目的は体重を落とすことでなく、健康的な身体のために食を正すことです。食べる物の内容はもちろん、ちょっとした食べ方の工夫もダイエットに役立ちます。美養フードクリエイターである筆者が実践している、毎日心がけているダイエット習慣を4つご紹介します。

20170323iwata00


■美容家が実践しているダイエット習慣4つ

(1)時間がないのに無理に食べない

早食いは、太りやすいといわれますよね。実際、早く食べる人とそうでない人を比べると、早食いの人のほうが食べたものが脂肪として蓄積されやすいのだそうです。 食事の時間がとれないときは、無理に急いで食べることはありません。お腹が空いているならナッツやドライフルーツ、シリアルバーなどの良質なおやつを食べて、座ってゆっくり食べられる時間に食事を摂りましょう。

(2)ひと口を小さく

一度にたくさんの食べ物を口に入れてしまうと、よく噛むことができませんね。一口は小さく、よく噛んで食べましょう。よく噛んで食べることは、消化吸収の手助けになるだけでなく、満腹中枢を刺激し、また交感神経を刺激して脂肪をエネルギーとして燃焼させる働きもあります。
次ページ :  食事は流し込むのではなく、しっかり味わって、よく噛んで食べ…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年7月21日今日の献立

あっさり麺料理。ナンプラーを使って、簡単異国の味。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.