帰宅後15分で夕食完成!? 簡単&おいしいオススメ時短料理術

 

仕事やお出かけが終わってからの家事は時間との闘い。夕食の準備にかける時間はなるべく短くしたいですね。今回は『ラクしておいしい!かんたん冷凍作りおき』の著者・倉橋利江さんに、便利な時短ワザ「袋づめ冷凍おかず」を教えていただきました。

「袋づめ冷凍おかず」ってどんなもの?


時短や節約につながるホームフリージングですが、冷凍焼けや解凍の失敗、保管状況の悪さなどで冷凍前より味が落ちてしまうことも。また、ゆでただけの野菜や買ってきてそのまま冷凍した魚や肉などは、解凍してから調理や味付けをする必要があります。結局は手間がかかると感じている人も多いのではないでしょうか。

そんな悩みを解決してくれるのが「袋づめ冷凍おかず」なんだそう。一体どんな方法なのでしょうか?

「生のお肉や魚に調味料で味付けをして、野菜と一緒にジッパーつき保存袋に丸ごと詰めて冷凍する方法です。味付けも野菜のカットも仕込む時点で済ませておくので、食べるときは解凍して火を通すだけ。10分から15分後にはできたての料理が食べられます。汁物は凍ったまま加熱できるので、さらに短時間でできます」

「袋づめ冷凍おかず」の魅力は?

短時間で調理できる以外にも、なにかメリットがあるのでしょうか?

「冷凍することで食材の細胞膜が壊れるため、柔らかな食感になるとともに味がよくしみ込んで美味しくなります。
次ページ :  余計な水分が抜けるので旨みもアップ。また、調味料でコーティ…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年11月23日今日の献立

勤労感謝の日は、いつも頑張ってる自分と、頑張ってくれてる家族にご褒美。ステーキでご馳走感をアップし明日への活力に。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.