とろける「生わらびもち」が食べられる!下北沢にある〈甘味処 甘寛〉で、レトロな甘味時間を。

 



Hanako本誌で毎号紹介しているスイーツのページから、最新ニュースをお届けしています。ニューオープンやリニューアル、ウワサのアイテムなど、甘いお菓子の情報をお楽しみに!今回は、和スイーツ評論家・安原怜香さんが今年2月に下北沢にオープンしたばかりの昔ながらのレトロな甘味処〈甘味処 甘寛〉をご紹介します。

“大正ロマン”をテーマとしたレトロな和の喫茶店。

食のトレンドにもなっている、“昔ながらの味”。今年2月にオープンしたばかりの〈甘味処 甘寛〉は、“大正ロマン”をテーマとしたレトロな和の喫茶店です。



「生わらびもち」1,080円(全て税込)看板メニュー。とろけるような舌触りがクセになる。

店主は、京都の甘味処〈ぎおん徳屋〉で修行された経験を持ち、素材と製法にこだわった、昔ながらの甘味が豊富。特におすすめしたいのが、国産本わらび粉と和三盆を丹念に練り上げてつくる「生わらびもち」。口に入れた途端、とろけるような舌触りは一度食べると病みつきになるほど!



「抹茶セット」800円 抹茶とお茶菓子のセット。生わらびもちで餡を包んだ和菓子はセット限定。



「ぱふぇ」1,080円 ヘルシーな和素材をふんだんに使用。
次ページ :  見た目も華やかな和風パフェ。 見た目も可愛らしい「ぱふぇ…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年8月25日今日の献立

ラム肉をメインにご飯は押し麦を加えて食物繊維をプラス。おいしく食べて健康に!

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ