愛あるセレクトをしたいママのみかた

小谷実由の『趣味がなかなか見つからなくて。』/砥石を使って包丁を研ごう。

 

ぜひご家庭にひとつ、お持ちいただくことをオススメしています」
小谷「私、新しい包丁が欲しいなと思っていたのですが、まずは砥石と面直し用砥石を揃える方が先かもしれませんね」

包丁研ぎ体験を終えて。

昔から祖父が台所で包丁を研ぐ姿を見てきたという小谷さん。自然と、包丁砥ぎは男の人にしかできないくらい、力が必要な作業だと思い込んできたそう。一方で、砥ぎのセンスは上々で、その腕前は林先生から太鼓判を押されるほど。彼女は今回の砥ぎ体験から何を感じたのでしょうか。



小谷「いざ自分の手でやってみると、砥ぎの動作はシンプルで力も必要ありませんでした。「だし引き」や「餡づくり」の時のように、包丁を研いでいる間、無心で自分と向き合っているかのような感覚があったのが印象的でした。「真っすぐ」って普段あまり意識することないじゃないですか。曲がったことが嫌いだっていう自身の性格が反映されたのかもしれませんね」





小谷「最後に自分で研いだ包丁でトマトを切らせていただいたのですが、切れ味が今まで体験したことがないくらいスムーズでした!力を入れずにすっと滑らせるだけで、透けて先が見えるくらい薄いスライスができたのです。
次ページ :  切れ味が良い包丁でする料理って、きっと気持ちいいものなんだ…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2021年1月19日今日の献立

主菜をオーブンで調理している間に、サラダとスープの出来上がり。ボリューム充分な献立です。

最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ