小谷実由の「趣味がなかなか見つからなくて。 」/第1回「だしの引ける女になりたい。」

 



ファッションモデルから執筆活動まで、分野を超えて軽やかに行き来する小谷実由さん。意外にも、趣味らしい趣味がないのだとか。夢中になれる、一生モノの趣味と出会うべくしてはじまったこちらの連載。1回目に掲げたテーマはずばり「鰹節だしを引く」。東京・日本橋の鰹節専門店〈にんべん〉の木村絵里子さんを先生に、日本人の食生活に欠かすことのできない、鰹節だしのいろはを教わりました。

step1. 「鰹節ができるまで」を学ぼう。

以前、デパートの地下で削られていない鰹節を見かけた際、その圧倒的な存在感に、神々しさを感じたと話す小谷さん。今回は、2019年で創業320周年の老舗〈にんべん〉の木村絵里子さんを先生に、鰹節の製造過程から伺います。



〈にんべん〉の木村絵里子さん。社歴20年、まさに”鰹節のプロ”。

木村「ではさっそく、カツオを三枚におろしていくところから始めましょうか。今日はこの子を使ってご説明していきます。」

そう言って、木村さんが取り出したのは、特大サイズのカツオのぬいぐるみ、その名も「カツオ解体君」。そのシュールな姿に小谷さんもご満悦。



「カツオ解体君」を、アタマからもいでいく小谷さん。
次ページ :  嬉しそう。 小谷「か、かつおちゃん!」 全長45cm、…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ