愛あるセレクトをしたいママのみかた

詩人・若尾真実さんのさんのために選んだ一冊とは/木村綾子の『あなたに効く本、処方します。』

 

とりわけ自由なのが、名の通り「自由律俳句」。この本は、せきしろさんと又吉直樹さんの共著で、ふたりの自由律俳句にエッセイが添えられているという構成です」
若尾「せきしろさんという方は、何をされている方なんですか?」
木村「エッセイも書くし、小説も書くし、脚本やコントだって書いちゃう。もともとは「文筆家」と名乗っていたんですが、たしか数年前に肩書きをやめられたんです」
若尾「肩書きをやめた、って素敵ですね。私もそういう生き方を目指したい。…自由律俳句っていうのは、どんな俳句なんですか?」
木村「五・七・五の定形にも縛られず、季語を入れなくてもOK。何でもありの自由演技だからこそ、長さやリズム、何をどう切り取るかのセンスが問われます」
若尾「〈喧嘩しながら二人乗りしている〉とか、〈まだ眠れる可能性を探している朝〉とか、ふと目にしたものやぼんやり思っていることを言葉にすることで、こんなにも景色が鮮やかに色づくから不思議ですね。自由律俳句、作ってみようかな」
木村「〈手羽先をそこまでしか食べないのか〉とか、〈よく解らないが取り敢えず笑っている状態〉とか、飲み会に居合わせた無口な男性像が浮かびますよね(笑)。…ちなみにこの句集は、又吉さんがピースでブレイクする直前の29歳、初の著作として出版した本なんです。今の若尾さんと同じ年のときに、又吉さんがどんな感性を持たれていたかにも触れられると思いますよ」

エピソードその2「小説を読まなくなってしまいました」



木村「次は若尾さんのお仕事について、お聞きしてみたいです。
次ページ :  昨年、独立をされるまでは、どういったキャリアを歩んでこられ…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2022年5月17日今日の献立

濃い目の味付けの焼き魚と柳川風煮に、あっさりした煮浸しを添えて。

最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ