愛あるセレクトをしたいママのみかた

ワタリウム美術館の『梅津庸一展 ポリネーター』へ。「怖いのだけれど、ときめくもの」編

 

渋谷区の外苑西通り、通称 “青山キラー通り” と呼ばれる少々トリッキーな名の通りに〈ワタリウム美術館〉は位置しています。「ワタリウムってどこにあるんだろう」と思いながら、今まで何度も前を通ってきた無機質な建物が、それでした。1階にはお洒落なショップが併設されていて、とても美術館のエントランスのようには見えません。ちなみに、ワタリウムという名称は、館長・和多利(わたり)さんのお名前が由来になっているのだそう。今回は、私ひとりではたどり着くことのできなかった念願の地に潜入してきました。

目次 [開く][閉じる]

魅惑の、梅津さんワールドへ。

国内外の現代アートを展示する「私設」の美術館に並ぶのは、美術家・梅津庸一(うめつ・よういち)さんの作品たち。滋賀県信楽町にこもって制作したという『花粉濾し器(かふんこしき)』や、ご自身の裸体を描いた『フロレアル』など、梅津さんの表現は、いずれもひと言で感想を述べるのが難しい、奥深いものばかりです。作品に関する「解説」が一切ない自由な空間の中で、ふと私は、幼少期のことを思い出していました。----------------------------------------------------------------

「怖いのだけれど、ときめくもの」

子どもの頃、近所に、いわゆる芸能人が住んでいた。
次ページ :  彼は明らかに周りと違っていて、お洒落なハットを被り、サング…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2022年1月25日今日の献立

簡単に作れてバランスのよい、丼・みそ汁・小鉢の定番和食定食。

最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ