愛あるセレクトをしたいママのみかた

弘中綾香の「純度100%」~第62回~

 

とはいえ、スタジオに入ると自分の中で自然とスイッチも切り替わって、普段過ごしているテンションよりもずっと高いハキハキした明るい自分が出てくるし、出演者の皆さんについていこうと頭もフルスピードで回転しているのでアドレナリンも出まくりだ。この後どんな質問をしよう、こう聞かれたらこう言おう、と次の手札を考えながらも、口では別のことを話している。もしかしたらほかの方たちはここまで先の手を考えなくても、瞬間的に面白くて気の利いたことを言えているのかもしれないけれど、私はあいにくそういったタイプではなく、色々と先回りして考えておかなくてはいけない。自分の中にちょっとしたプランがあったとしても誰かの一言で流れが大きく変わることも大いにあるし、予期せぬタイミングで「そこ?」ということを聞かれたりしてドギマギすることも沢山ある。毎日頭の中はてんやわんやだ。

放送されるのは編集の手が入って無駄なものを落とした後だから、小手先ちょいちょいで仕事をしているように見えても(見えているのか?)、収録の後は疲れがドッと押し寄せてくるようなことがある。バラエティの収録は面白いし、楽しいし、収録の最中は疲れを感じるなんてことはなく、時間もあっという間に過ぎていく。「は~い、OKです~!」とフロアのスタッフから声がかかって、スタジオを出て楽屋に帰ってきて衣装から私服に着替えた瞬間にやってくるものがある。番組でご一緒しているような皆さんと比べたら私なんて全然忙しくもないし、まだまだ精神修行が足りないと思うのだけれど。気疲れとはまた違う、頭疲れとでも言えるのかな。

帰宅し、部屋着に着替えて、ソファに座る。至福の時間の始まりだ。テレビをつける。なんとなくザッピングして面白そうな番組を見たり、TVerで見逃し配信を見たり、サブスクのドラマを見たり、自分が出ている番組を見たり。「何を今夜は見ようかな」と考える時間も楽しみである。なんだか考えてみると一日中テレビとは切っても切れない生活を送っている。「見るもの」「出るもの」私にはまだ全然割り切れないけれども、なんだか今日も収録に行くのは楽しみだし、リビングのソファが一番好きな場所なのだ。

【弘中のひとりごと】
喉にささった小骨が抜けません…











本連載をまとめた初のフォトエッセイ『弘中綾香の純度100%』は絶賛発売中!



購入予約可能な書籍紹介ページはこちらから。
次ページ :  ストライプシャツ 16,500円(ラポドゥジェムレザボ…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2022年1月23日今日の献立

一品でも食べ応え十分な皿うどん。簡単に作れる副菜を2皿付けて、さらに満足感アップ!

最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ